無料の結婚式場紹介・相談カウンター ぎふ婚navi GIFUKON NAVI

岐阜の結婚式場
お悩み解決・
式場探しコンシェルジュ

岐阜の結婚式場
お悩み解決・
式場探しコンシェルジュ

閉じる

岐阜の結婚式場
お悩み解決・式場探しコンシェルジュ

  • アクセス
  • かんたん★LINE相談
  • お問い合わせ
  • 相談予約(無料)

ウエディングインフォ
ウエディングインフォ
WEDDING INFO

ぎふ婚naviトップウエディングインフォ>【保存版】結婚式までのスケジュールを徹底解説!

41

【保存版】結婚式までのスケジュールを徹底解説!

  • 結婚式の事前準備

こんにちは。岐阜の結婚式場紹介カウンター、ぎふ婚naviです。

いざ結婚式の準備をスタートしようとしてもいつから何を始めればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?周りのお友達などから「準備が大変…」と聞いたり、「来てくれるゲストに失礼があってはいけない…」など不安になっている人もいますよね。

結婚式の準備はスケジュールをしっかり組んで計画的に進めていけば大丈夫です!

今回は結婚式の準備をスムーズに進めるために、結婚式までのスケジュールを解説していきます。これから準備を始めるという人はぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

 

 

 

 

結婚式準備はいつから始める?

結婚式を挙げたカップルが、実際結婚式について検討を始めた時期は、「結婚式の16ヶ月以上前(16.2%)」が最も多く、次いで「結婚式の12ヶ月前(14.3%)」、平均で「結婚式の10.8ヶ月前」(ゼクシィ結婚トレンド調査2022調べ)となります。

結婚式を行うかどうかの検討期間も含め、約1年くらいかけて準備を進めていくカップルが多いようですね。

結婚式場探しから決定までに約1〜3ヶ月、そこから式場との打ち合わせに約3〜5ヶ月くらいかけるのが一般的です。結婚式の準備だけではなく、新居の準備や新婚旅行の手配、職場への報告なども必要になってきますので、直前で慌てない為にも余裕を持ってスケジュールを立てることが大切です。

 

 

 

 

結婚式準備の流れ

結婚式1年前〜8ヶ月前
・両家への挨拶
・結納または顔合わせ食事会
・婚約指輪の準備
・結婚式のスタイル、日程等検討
・結婚式の情報収集

結婚が決まったら、まずは親御様への報告や挨拶が必須です。そこからふたりで結婚式を行うかどうか、結婚式のイメージなど話し合ってみましょう。どこのエリアで結婚式を挙げるかやどのような式場があるかなども調べ始めるといいでしょう。NETや情報誌などから情報を得る方法もありますが、相談カウンターでプロに相談するのもオススメです。また両家顔合わせの際に親御様の意見や要望も聞きながら進めるといいでしょう。結納や顔合わせに合わせて婚約指輪の準備も忘れずに!

 

結婚式〜6ヶ月前
・結婚式場見学やブライダルフェアに参加
・招待客のリストアップ
・結婚式場と日程の決定
・結婚指輪の準備
・ブライダルエステの検討
・入籍、新居の準備
・ハネムーンの検討

ふたりの理想が叶う式場をピックアップし、式場が開催しているフェアなどに積極的に参加してみましょう。条件に合う式場が見つかったら、式場の予約をします。日程は事前に両家の親御様にも相談しておくといいでしょう。今後の準備をスムーズに進める為には、遅くても結婚式の6ヶ月前には式場を決定しておくことが必須です。人気の式場では良い日などが1年以上前から予約が埋まっている場合もありますので、早めに式場探しを進めることが大切です。会場の規模や予算は招待するゲストの人数によって変わってくるので、式場を探す前に招待客のリストアップをしておきましょう。

挙式の際に指輪を交換する儀式があるので、結婚式の日程に間に合うように結婚指輪の準備もしておきましょう。記念日やイニシャルなど刻印を入れる場合は完成までに時間がかかるので早めに準備を始めることが大切です。

当日に向けブライダルエステを検討している場合は早めに相談し進めていきましょう。

結婚式の準備が本格的に始まると時間に余裕がなくなってきますので、この時期に入籍や新居の準備も進めておくといいでしょう。またハネムーンについても行き先や時期を検討し始めるといいでしょう。海外に行くとなればパスポートの申請や手続きなどで時間がかかります。結婚式直後から行く場合は、結婚式の準備と平行して旅行の準備も進めていかなければなりませんので、早めに検討し行動することが大切です。

 

結婚式〜4ヶ月前
・結婚式のコンセプトについて話し合う
・衣裳選び
・前撮りの準備
・二次会実施の有無検討

式場との打ち合わせが始まる前におふたりでどんな結婚式にしたいか、テーマやコンセプトのイメージを膨らませておくといいでしょう。同時に衣裳の検討も始めていきましょう。試着をしながらお気に入りの1着を見つけましょう!前撮りをする場合は当日と同じ衣裳なのか、違う衣裳で撮影するかで費用やスケジュールなども変わってくるので、衣裳スタッフさんとも相談しながら進めるといいでしょう。

二次会を実施するか、実施する場合の場所なども検討し始めるといいですね。

 

結婚式4〜3ヶ月前
・式場との打ち合わせ開始
・結婚式のコンセプト決定
・招待状の作成
・ウエルカムボードやペーパーアイテム、装飾など自主製作物の作成開始
・二次会実施の有無決定
・職場への報告

いよいよ式場との打ち合わせがスタートします!プランナーさんとどんな結婚式にするか、おふたりの希望を伝えながら決めていきます。本格的に結婚式の準備が始まるので、おふたりの予定がなかなか合わず時間が限られている場合などは余裕を持って今後のスケジュールを組むこと、事前におふたりでしっかり話合っておくことが大切です。

ウエルカムボードやペーパーアイテム、装飾アイテムなどは自分たちで手作りしたいという人も多いですが、「予想以上に準備に手間と時間がかかった」という先輩カップルの声も多いので、準備に充てられる時間などを考慮し手作りするのか、式場で手配するか、ショップなどで購入し持ち込むかなど決めるといいでしょう。手作りすると決まれば後回しにせず、できるだけ早い段階から準備を進めるようにしましょう。

職場への報告は遅くても結婚式の3ヶ月前までにはしておきましょう。結婚に伴い、税金などの公的な手続きや、長期休暇の申請などの事務手続きが発生します。事前に知らせておくことで手続きがスムーズに進みます。

結婚式〜2ヶ月前
・招待状の発送
・料理、飲み物の決定
・ウエディングケーキの決定
・引出物、プチギフトの決定、手配
・演出等の決定、手配

結婚式の準備も佳境に入ってきます。招待状は遅くても結婚式の2ヶ月前までにはゲストに届くよう発送します。また式場との打ち合わせの中で詳細を詰めていく時期になります。ゲストをおもてなしする為に必要なものの発注や手配を行いましょう。両家の親御様の意見も取り入れながら決めていくといいでしょう。

 

結婚式〜1ヶ月前
・招待客の出欠確認
・席次決定
・司会者との打ち合わせ
・装花決定
・親御様への記念品準備
・ヘアメイクリハーサル
・招待客の着付け手配
・招待客の交通手段、宿泊の手配

結婚式まで残すところあと1ヶ月!準備も大詰めに入ります。

ゲストからの出欠の連絡が揃い、参列する人数が確定しますので、披露宴の席次を決めていきます。会場の装花やブーケなどの打ち合わせもこの時期に行い決定していきます。また司会者と挙式披露宴の流れを細かく確認しながら当日の進行の打ち合わせを行います。

ヘアメイクリハーサルでは希望を分かりやすく伝える為に、写真や画像をあらかじめ準備しておくといいでしょう。遠慮せず自分の希望をしっかり伝え、納得いくまで修正してもらいましょう。

当日会場での着付けが必要なゲストがいたり、遠方から参列してくれるゲストには飛行機や電車のチケット、宿泊施設の手配などが必要な場合もあります。事前に確認をし、早めに手配を行いましょう。またお車代として交通費や宿泊費などが必要な場合は忘れずに準備をしておきましょう。

また手作りアイテムなどはこの時期には完成させておくといいです。

 

結婚式〜2週間前
・式場との最終打ち合わせ
・衣裳の最終フィッティング
・式場への支払い
・持ち込みアイテムの搬入
・スピーチや手紙の完成
・お車代、心付け、祝儀袋の準備

いよいよ最終確認となります。全てのアイテムや当日の流れをプランナーさんと細かく確認していきます。持ち込みのアイテムなどは事前に式場へ搬入します。また衣裳、小物などの最終フッティングも行います。試着時と体型が変わっている場合もあるので、結婚式の直前で行われることが多いです。

最終的な見積もりが確定しますので、式場から請求書が発行されます。多くの式場は前払い制となりますので、支払い期日をしっかり確認し、期日までにお支払いします。

当日の新郎様のスピーチや新婦様から親御様へ向けた手紙なども完成させておきましょう。結婚式前日に遅くまでかかって手紙を書いていて当日は寝不足…とならないよう早めに準備をしておきましょう。

当日ゲストへお渡しするお車代や心付けなどは新札でお渡しするのがマナーです。祝儀袋と新札の準備も忘れずに!

 

結婚式前日
・当日の持ち物等最終チェック
・当日に備えゆったり過ごし、早めに就寝!

当日に式場へ持っていかなければならないものは事前にチェックリストを作り、忘れ物のないよう準備をしておきましょう。

後は結婚式本番に備えゆったり過ごし、コンディションを整え、気持ちに余裕を持って早めに就寝しましょう!

 

 

 

 

まとめ

結婚式までのスケジュールを大まかにまとめましたが、イメージはつきましたか?結婚が決まったら親御様にも意見を伺いながら、早めに結婚式の準備を進めていくことが大切です。遅くても 6ヶ月前までには式場を決定すると、その後の打ち合わせも余裕を持って進めていくことができるでしょう。やることがたくさんあって不安に感じてしまうかもしれませんが、やらなければならないことを事前にチェックしおふたりで協力しながら準備していけば大丈夫です。おふたりの理想の結婚式を叶える為にプランナーさんがしっかりサポートをしてくれるので安心してくださいね!

 

ぎふ婚naviではブライダル経験豊富なスタッフが式場探しのサポートをしています。「結婚が決まったけどこれからどう進めていけばいいのかわからない…」とスケジュールに不安を感じている方は、ぜひぎふ婚naviにご相談ください!式場のご紹介だけでなく、今後どう進めていけばいいかなどスケジュールのご案内もさせていただきますので、お気軽にご来店くださいね!

>>ぎふ婚naviでの無料相談予約はこちらから

 

 

合わせて読みたい

【結婚式は何の為にやるの?】結婚式を挙げる意味やメリットとは

プロ直伝! プロポーズ後から結婚式までの流れをわかりやすく解説

【結婚式場はいつ決めるのがベスト?】式場探しのスケジュールをプロが徹底解説!

最大10万円のご祝儀がもらえる!

wedding_info

GIFKON FAIR

ウエディング経験豊富なコンシェルジュが
第三者の視点でおふたりをサポート